MENU

卵子の質を上げる食べ物

卵子の質を良くするにはまず卵子が出来るまでの発育過程を知る必要があります。卵子は卵巣の卵胞という器官から放たれます。そしてこの卵胞を成熟させ排卵を導くプロセスは全てホルモンによって調節されています。卵子の質の低下は多くの場合、この調節機能やホルモン分泌量が異常をきたすことによって生じます。

 

食事療法の効果

 

そこで有効とされるのが食事療法です。食事で体質を改善し経血に充分な栄養が行きわたると、卵子の排出が活性化し妊娠率が向上します。以下に卵子を良くする食材を挙げていきます。

 

黒豆

 

不足しがちな女性ホルモンを補う効果があります。12時間以上水に浸けてから柔らかくなるまで煮ます。月経が終わった1日目から1日50粒程度を6日間続けて食べます。

 

.

豆乳

 

毎日300〜500mlを1ヶ月続けて飲むとホルモン分泌を整える作用があるほか、体質改善が実感出来ると言われています。

 

 

レバー

 

レバーは経血を補う効果があり豚やカモ、ニワトリのレバーに含まれる血液成分ヘモグロビンは胃酸分解後、体内に入り込んだチリや重金属と反応し貪食細胞の働きを高めます。1週間に1食を目安に摂ります。

 

 

野菜

 

全ての野菜には体の調子を整える生物活性物質が含まれており、これは発ガン物質ニトロサミンの働きを阻害し血液のpHを正常に戻るほか、ウイルスを除去する作用があります。特に新鮮野菜の汁の部分は栄養価が高くスムージーなどにして摂ると効果的です。

 

海藻類

 

ワカメや海苔には体内の放射線物質をお通じとともに排出する効果があります。

 

.ニラ

 

ニラに含まれるエキスや食物繊維は飲酒や喫煙による毒素を取り除く効果があります。

 

もやし

 

もやしに含まれる食物繊維は奇形を引き起こす物質を除去するとともに生殖ホルモンの分泌を促します。