MENU

採卵周期に卵子の質を上げるには

体外受精はまず人工的に複数の卵胞を成熟させ、排卵直前に卵胞から卵子を抜き取ります。これを採卵と呼び、この時抜き取った卵子の質が体外受精成功のカギとなります。それでは採卵周期はどのようなことに気をつけて生活すれば良いのでしょうか。

 

刺激物を避ける

 

子宮内膜症にかかりやすい人は辛いものが炎症を更に重くし、子宮や卵巣の機能に影響します。また卵巣機能を早く衰えさせることも分かっているため避けることが望ましいです。

 

夜更かしをしない

 

長期にわたる夜更かしは体内時計を狂わせ睡眠不足を引き起こします。その結果、内分泌系ホルモンのバランスが崩れ、卵巣機能が衰えるとともに卵子の質が低下します。

 

座ったままにならない

 

長時間座ったままでいると筋肉がこわばり血液循環が悪くなるため卵巣や子宮が正常に機能しなくなります。また卵巣機能の衰えを治療中の人は治療効果が出なくなるというデメリットがあります。

 

アロママッサージはほどほどに

 

最近美容業界では卵巣機能を回復すると宣伝したアロママッサージがたくさんありますが、全て医学的根拠に基づくものではありません。女性が横になった時、前には膀胱、後ろには直腸があるため卵巣をダイレクトにマッサージすることは出来ません。一般的にマッサージで卵巣機能は回復しないということを頭に入れておきましょう。

 

ほかに卵子は精神状態や排ガスなどの汚染物質の影響を受けやすいため、生活を再度見直し心身共に万全の体調で採卵に臨むようにします。