MENU

卵子の質と妊娠率

晩婚化が進む近年、高齢による不妊・不育症が増えつつあります。その背景には様々な事情で30歳を過ぎてから家族計画を考え始める女性が多いということが挙げられます。しかしどんなに身体が健康であっても、きちんとセルフケアをしていても年齢による卵子の質の低下は止められません。排卵する度に残りの卵子の数は減っていき妊娠率は低下します。そしてこの事実は多くの女性の予測を遥かに超えるスピードで訪れます。

 

 

年齢と妊娠率

 

卵子の生存率が最も高いのは20代と言われており30歳を過ぎると年々低下します。特に35歳以降はその傾向が顕著になります。例えば30歳の健康な女性の妊娠率は20%と言われていますが、これは100人の女性のうち最初の1ヶ月で妊娠出来る人は20人しかおらず、残りの80人は妊娠しないということを示しています。さらに40歳では5%、すなわち100人中5人しか妊娠しなくなります。

 

高度生殖医療

 

女性の閉経は平均51歳前後と言われています。しかし40歳を過ぎてなお妊娠を希望する女性は少なくありません。現在様々な生殖補助技術があり、それぞれの妊娠率の全国平均は人工授精で6〜10%、顕微、体外受精で約20%と言われています。40歳の人にとっては5%の妊娠率が20%まで上がるため、非常に有効な手段と思われがちですが、自然妊娠にしろ体外受精などの高度生殖医療にしろ、年齢が妊娠率に与える影響は同じであり早期治療に越したことはありません。